ごちそうのとにかく体積を一瞬で比べる

何人かでメニューに行ったり、飲みに行ったりすると、大皿でおかずを願い、皆で充てることもあると思います。居酒屋では基本そのようにつまみを頼むことが多いと思いますし、中華料理の転回方式テーブルはなんとも一番を前提としていますね。私の長所技量は、大皿の料理をみた瞬間に、ひとりあたりどれだけ食べたら平等に分けるかみつけることです。例えば、者が4者でからあげが4つだったら、独自一個ずつだというのは簡単に分かると思います。それでも、者が6者で、焼き鳥の串の総量が6で割り切れない総量だったら?そういったときにぱっと意識で肉を串から外して、(独自肉の妨害がたくさんずつならフェアだな)ということがうなづけるんです。皆さんは昔からそうだったので、あなたそうなのかと思っていましたが、実にそうではないらしいですね。コメディアンだと必勝、黒柳徹子さんが同じ強みを持っていたと思います。ただ、呑みのときにきっちり同等だけわけようと言うよりは、追加でもう一度初心皿頼んだりすることのほうが多いので、ひとりで計算して満足して削ることが多いです。http://オリーブジュースカプセル.jp/